職務経歴書の書き方が自由であるということの効果

Posted by on 10月 2, 2012 in 転職

職務経歴書の書き方は基本的に自由です。履歴書のような決まりごとは少ないため、応募する側からすれば、他との差別化を図るための最大の機会です。職務経歴書の書き方としては、様々なタイプがありますが、主なものとしては、経歴を時系列で順序よく書き入れたタイプや、分野やスキル、資格、それに自己PRといった風に項目別に書き入れていくタイプ、そしてこれら両方のタイプを取りれたものが一般的です。職務経歴書の書き方は、経歴次第で変わってきます。例えば長期間にわたって一社で働いてきた人にとっては、時系列でその時々にどのような成果を残したのかということは、具体的な仕事内容について触れるべきでしょう。また、いくつかの業種を経験している場合には、項目別にスキルや経験を分離して、自分がどのようなことを企業にアピールできるかを明記するのも良い方法です。いずれにしても書き方が自由な職務経歴書だからこそ、他の応募者に勝てる最大のチャンスであると考えた方が良いでしょう。

Learn More

注目を得やすい職務経歴書の書き方について

Posted by on 9月 2, 2012 in 転職

職務経歴書は、自筆の署名や年月日が記載されていることや、A4の用紙を使用していることなどの基本的なポイントを守っていれば書式は自由です。そのため、多くのライバルがいる中で自分の職務経歴書に注目してもらうためには、先ずは相手が何を求めているのかを考え、要点をまとめて分りやすい職務履歴書の書き方になっていないと、職務担当者の目に留まりません。また、職務経歴書を目立たせるのは、自分の職務経歴についての書き方の工夫だけに限りません。例えば、図やチャートを挿入してもよいのです。そうすることで書面が明るくなり、見る側にとってもひと目で言いたいことが分る、見やすい職務経歴書になります。自分が担当していた職務内容について分りやすく図にしてみたり、あるいは、成績などが数字で表せるのならばそれをグラフにしてみたりすることで、採用担当者に好感を得ることができるでしょうし、何よりそのような自己表現の方法と発想の自由さそれ自体が、既に採用担当者に対するアピールになります。

Learn More

職務経歴書の書き方の基本と、書くべき内容について

Posted by on 8月 2, 2012 in 転職

職務経歴書は、書き方が自由ですが、それでも守るべき基本はあります。自筆の署名と年月日、それに用紙はA4の縦書きが一般的です。次に内容ですが、職務経歴書は、履歴書と違い広くスペースをとることができます。そのため、あれもこれもと書いてしまいがちですが、要領を得ない職務経歴書はかえって逆効果ですから、要点を絞った書き方にしなければなりません。採用担当の方も、多くの職務履歴書を見なければなりまんし、そこから判断を下さなければならないのです。そのため、できるだけ早いタイミングで採用担当者を説得できる書き方になっていなければなりません。自分が応募する職にはどんなことが一番求められているのかを分析し、その内容にできるだけ近く書ければ、採用の可能性は高まります。自分が持っている経験やスキルの中で、どういった部分が一番効果的なのかを考えて記載することで、人材を募集している企業にとって、より魅力的な職務経歴書になります。

Learn More

職務経歴書で採用は決まる

Posted by on 7月 2, 2012 in 転職

皆さんは、就職活動をしたことがありますか。就職活動をした方ならば、いや、就職活動という大がかりなものでなくても、就職先を探した方ならば一度は書いたことがあるでしょう。そう、履歴書です。履歴書は採用する審査書類です。いかに自分をアピールするかが勝負です。なんたって面接までこぎ着かず、書類審査で落されてしまっては悲しすぎます。いかに履歴書が大事かわかりますか。採用されるような履歴書を書かなくてはいけません。就職をされた方ならば、必ず職務経歴書を添付しましょう。この職務経歴書を履歴書に添付するか添付しないかで、採用者の目は変わります。しかも、自分が採用してもらいたい会社の事業内容にかかわりのある職務経歴書を書くことも大事です。文字は丁寧に書き、証明写真もきちんとした服装で取りましょう。髪はボサボサ、服装はティーシャツなんてダメですよ。まずは、履歴書の第一印象が大切ですから。書類審査に受かるようにしたいものです。

Learn More

職務経歴書の、採用における重要性について

Posted by on 6月 2, 2012 in 転職

職務経歴書というのは、転職時には非常に重要な書類となります。自分がこれまで行ってきたことをアピールする場であり、経験の結晶として、凝縮させていなければなりません。採用担当者からすればこの職務経歴書というのは、採用において非常に重要なものであり、かなりのフィルタリング要素があるのです。ただ単に、どこどこの会社にいました、ということを書くだけではだめで、アピールするつもりで、どんな会社でどんな役割で、どんなプロジェクトを、経験したのかを書くべきなのです。市販に経歴書の例には社名などしか記載しかないところですが、そこは自分で工夫をして、書くべきなのです。書いたからといってマイナスに評価されたり、なんで書いたんだ、といわれることはまずありません。マイナスに働くことがないのであれば、書いた方がいいですよね。ということでこの職務経歴書の重要性を認識したうえで、単なる情報提供の道具として見るのではなくアピールの場所とみるべきなのです。

Learn More